オーダーメイドのポイント

1. ポイントを絞る

お客様にとって「重要な部分」をできるだけ絞ってはっきりさせてください。
多機能にすればするほど個々の機能は中途半端なものになりがちです。

2. サイズについて

布製品の性質上、寸法はアバウトな物となります。ゆとりのある寸法をご指定ください。
例えばA4ファイルやA4パソコンなど、一口に『A4』といっても、実際の寸法はまちまちです。なるべく具体的な数値をご提示ください。
専用ケースや専用ポケットをより適切なサイズで作りたい場合、「入れるものをお預かりして、合わせながら作る」のが最良です。

3. おすすめご相談方法

お近くのお客様

工房にお越しいただき、話し合いながら、製作内容と製作費の折り合いをつけていく。
「こんな物を入れたい」「今使っているこのバッグをもっとこうしたい」というように、物を見ながら話し合いをする。

遠方のお客様

 1.ひとまずお電話いただき、ご希望をお聞かせいただく。
 2.その場で大まかに回答。さらに具体的に進める場合は、メールで製作案と見積りを提示
 3.詳細の打ち合わせ(電話とメール併用)

> お問合せはこちらから

4. できないこともあります

扱う素材、製作に使う機材、技術力には限りがあり、ご希望どおりにできないこともたくさんあります。
イメージ上では理想的でも、構造上不都合を生じることが明らかな場合には変更をお願いしています。
自動車の室外、バイク・自転車などに取付けるバッグ、生き物を入れるバッグの製作は、安全面等の諸々の事情により原則お断りしております。
その他製作内容によってはお断りする場合があります。

5. 『100%』の仕上りにはなりません

できるだけお客様のご希望に近付けるよう努力はしますが、1度の製作で100%の物はできないことを、あらかじめご了承ください。

6. 製作費について

価格は、サイズ、材料費、仕様、工程等から総合的に見積ります。同じパーツでもつける位置などにより工程は大きく変わります。パーツ単価は明示しかねますのでご理解ください。
オーダーメイドはやってみなければわからない面も多くあります。価格は場合により数千円の幅を持たせて設定させていただきます。その際は提示上限価格を超えて請求することはありません。
おおよそのご予算をお聞かせいただければ、より適切な見積りができます。
オーダーメイド・特注製作は、既製市販の同等品と比べ割高にせざるをえません。ご理解いただけない場合製作は遠慮させていただきます。