蕎麦打ちバッグ

蕎麦打ちに使う板を運ぶバッグ。
・930×930の板が入る
・寝かせて置いたときに板が飛び出さないようカブセをつける
・肩掛けできるようにする
・真ん中あたりに補助持ち手をつける
条件はだいたいこんなところ。

このサイズになるとうちの使う帆布では幅が足りません。継ぎはぎして製作。
シンプルな袋のわりにちょっとたいへんでした。
蕎麦打ちの「のし板」用バッグの製作依頼はわりと多いですね。
【男の趣味】として地位を確立している印象です。
「蕎麦屋で食べればいい」と考えちゃう私には向いてないと思いますが、
きっと奥深いものなのでしょう。
o99p1214927