特注ショルダーバッグ

ショルダーバッグのオーダーメイド。
ベースは当工房のカタログ商品C21
元は大きくカブセのついたデザインなのですが、
今回はメインスペースをファスナー開閉に変更。
前面ポケットにカブセをつけました。カラーは茶色帆布/黒革

ベルトは革に合わせて黒に変更。ナスカン(着脱式の金具)をやめて固定式にしました。

底まわりはC21を踏襲。大きく包み込むような革補強。
ファスナーの引き手に名入れ。
市内の女性のお客様。先日納品完了しました。
茶色の帆布ははじめは濃い色ですが、色焼けしやすく、変化が大きいことも特徴です。
良い感じに使い込んでいただけるとうれしいですね。ありがとうございました~

刺繍はできません

「バッグに刺繍は入れられますか」
というお問合せがよくあります。
当工房は刺繍ミシンを持っていないので、
基本的には「できません」ということにしています。
ただし、どうしてもという場合は外注で対応できる場合もあります。
ある程度の数を作る場合は内容により受けることもありますが、
単品刺繍はお断りすることが多いです。コストなど諸々の理由で。
今回例外的に単品で刺繍入りのバッグを製作。
学校関係のあるものを入れておくトートバッグのオーダーでした。

う~ん…確かに刺繍を入れた仕上りには魅力を感じます。
でも本格的な刺繍ミシンの導入・維持は容易じゃないんです・・・

名入れの場所

名入れは通常こんなふう↓に刻印した革をバッグに縫い付けますが…
もともとちょうど良い革パーツがついたモデルの場合は、
そこに刻印することも可能です。
全体のイメージも崩れません。
(↓例T23)

他にC04、C21はイニシャル程度、
K11、K12なども既存革パーツにに名入れ可能です。
そのほか、ファスナーの革つまみに打つことも可能です。